読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

駄文

駄文です。

夏休みの話。

いつの間にか8月になっていた。

今年は何故だか、夏~!という感じがしない。日差しは溶けそうなくらい、しっかり暑いのだが、夏~!という感じがしないのだ。

何故なのか。夏を最大に感じていた存在、夏休みの欠如である。

勿論、社会人になってからもお盆休みはあった(最初の2年は施設勤務の為、盆正月関係なしに働いたが)。それでも3日程。学生の頃のようにアホみたいにダラダラと続く休みは、もう無いのだ。

きっと、そんな学生の頃の夏休みが年々、遠い存在となり、あまり夏を感じられなくなっているのだろう。

夏休みと言えば、膨大な量の宿題である。

夏休みの前半に宿題を終わらせるという、無謀な目標を毎年掲げ、夏休み最終日の8月31日、泣きながらプリントやら1ヶ月強の日記を捏造するのだ。この時ほど、大人になれば宿題から開放される!早く大人になりたいと願った瞬間はないだろう。

しかし、私はそんな小学生の頃の私が羨ましい。できれば8月31日に苦い思いはしたくないが、日焼けを気にすることなく(今時の小学生はませているから気にするのかも)友達とプールにいったり、ゲームボーイポケモンやったり、夜更かしして深夜のお笑い番組観たり…自分のやりたい事をして過ごす長い夏休みを過ごしたい。つくづく、人間とは無いものねだりをする生き物である。